ハローワークの求人票からブラック企業を見極める方法

求人票でブラック企業を見分けるコツを紹介するサイト

「きれいごと」と曖昧な記述にはご注意

生きていくためには、働いてお金を稼ぐ必要があります。
しかし、就職の状況は昔より厳しくなっているのが現状です。
より少ない給与で、より長く働かなければならなくなっています。

とはいえ、それにも限度というものがあります。
どんな人間も、仕事だけに生きることはありません。
仕事とは離れた、リラックスできるプライベートの時間を持つことが、すべての人間に当然に認められた権利です。
どんな人にも、不当に低い給与で、不当に長い残業をする必要はありません。
皆に十分な休日を得る権利があります。

しかし、こういった当然のことを理解しない、あるいは理解していても遵守しない存在があります。
「ブラック企業」です。
ブラック企業は不当に安い賃金で人間をこき使い、残業をさせます。
休日はなく、人間を仕事だけに閉じ込めます。
当局の監視の目をうまく逃れ、法律の網目をかいくぐって、従業員の人権を侵害し、ときには死に至らしめます。

こうした企業は、すべてが明らかになっているわけではありません。
あなたが目にする求人票の会社が、本当はブラック企業なのかもしれないのです。
当局の取り締まり活動もむなしくブラック企業が蔓延していることからわかる通り、ブラック企業と通常の企業を見分けるのは、とても難しいことです。

しかし、求人票を見れば、ざっくりとブラック企業をあぶりだすことができます。
ブラック企業の求人票には、共通の特徴がみられるからです。
このサイトでは、求人票からブラック企業を見分けるコツをご紹介します。

TOPへ戻る